F 一般的な葬儀の流れと費用

葬儀費用を抑える8つの方法とは?

一般的な葬儀の流れと費用

一般的な葬儀の流れと費用の写真

一般的な葬儀の流れは以下の通りです。

通夜

通夜は、故人が亡くなった翌日に行われます。葬儀には、出棺、司祭による読経、焼香が含まれます。大体18時頃から始まり、1時間ほど続きます。

告別式

葬儀は、通夜の翌日や数日後に故人との最後のお別れをするために行います。礼拝では、司祭による朗読、弔辞の贈呈、焼香が行われます。遺族や親族だけでなく、一般の方も参加しています。

火葬

法要終了後、火葬を行います。火葬の前には、お別れの前に黙祷などを行います。火葬は1~2時間程度で、待合室で待つ必要があります。

一般的な葬儀の平均費用

一般的な葬儀の平均費用は約165万円です。ただし、葬儀の内容や規模、葬儀を執り行う地域などによって、料金は多少異なります。

一般的な葬儀の費用の内訳

費用の内訳は以下の通りです。

・葬儀一式にかかる費用:約90万円
・その他、祭壇料、労務費、施設使用料、車両費、ご遺体の安置などの費用
・飲食代:20万円~40万円程度
・通夜・法事・返礼品など
・割引:約20万円~40万円。
・読書料、授業料、その他諸経費。

公営の葬儀社や火葬場を利用することで一般的な葬儀の費用を抑えることは可能ですが、一般的な葬儀の費用は常に大きな出費となりますので、大幅に解消することは難しいです。葬儀の費用をいかに安くするかという点で、より重要なのは、食費や接待費、供養費をいかに安くするかということです。また、以下の記事では、葬儀にかかる費用やその内訳、削減方法についても詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。よろしければ、合わせて読んでみてください。