F 葬儀を安く済ませる

葬儀費用を抑える8つの方法とは?

葬儀を安く済ませる

葬儀を安く済ませるの写真

葬儀を安く済ませることができます。では、葬儀費用を抑えるためにはどうすればいいのでしょうか?葬儀の費用を大幅に抑えることができる最大の要因の一つが、葬儀の形式です。通常のお葬式とは異なる、家族葬、一日葬、直葬・火葬について説明させていただきます。

1.家族葬

葬儀の費用を抑えるためにおすすめなのが、家族葬と呼ばれるものです。通常のお葬式よりも安価であることは間違いなく、近年では家族葬を選ぶ人が増えています。

家族葬とは?

家族葬とは、その名の通り、家族を中心とした葬儀のことです。葬儀に参列する人は少なく、故人の家族だけです。もちろん、家族や友人が希望すれば家族葬に招待することも可能です。そのため、葬儀の規模が小さくなり、参列者も少なくなるため、費用を抑えることができます。家族葬のもう一つの利点は、他の出席者との相互作用が少ないため、故人とのゆったりとしたお別れをすることができるということです。肉体的な疲労が少ない葬儀を行うことも可能です。

家族葬の流れ

家族葬の流れは、通常のお葬式とほとんど変わりません。故人が亡くなった翌日には、通夜・葬儀・火葬があります。通夜・葬儀・火葬は、一般の方が立ち会うことなく、故人の親族が行います。家族葬では、故人とのお別れとして故人の好きな音楽を流したり、その他の特別な装飾を加えたりすることがあります。葬儀に特別な装飾を加えたい場合は、事前に葬儀社の担当者に相談しておきましょう。

家族葬にかかる費用

家族葬の平均費用は約113万円です。葬儀費用の平均は165万円前後なので、かなりの低額であることがわかります。さらに、さらに費用を抑えたい場合は、通夜と葬儀後の奉納式をキャンセルすることができます。葬儀となると、予想以上に飲食代がかかることがあります。家族葬に招待される人は非常に少ないので、家計の中から飲食物を省いて節約することができます。自宅葬の費用については、以下の記事を参考にしてください。

2.一日葬

一日葬と呼ばれる葬儀の種類についてです。一日葬であれば、家族葬よりも安く済ませることも可能です。

一日葬とは?

一日葬とは、通常の通夜を含まず、告別式のみを行う葬儀のことです。一日で法要を行うことから、一日葬と呼ばれています。葬儀費用を抑えることができますし、時間もかからないので、できるだけ早く葬儀をしたいという方におすすめです。一日葬もごく少数の一般の方だけを招待しているので、家族などの親族が葬儀を行うことができます。お通夜をしない家族葬と考えれば、その理由はわかりやすいですね。もちろん、ご希望があれば他の方をお誘いして参加していただいても構いません。

一日葬の流れ

一日葬では、エンコしてすぐに故人を告別式に出すことはありません。エンコフィニングの後、遺体は遺体安置所などに安置されます。家の中に部屋などのスペースが余っている場合は、自宅に置いておくことができます。一日葬とは、故人が亡くなった翌日に火葬をしてから葬儀を行うことです。これで葬儀は終了ですので、1日で全ての葬儀が終了します。

一日葬にかかる費用

一日葬の平均費用は約57万円です。一般的な葬儀や家族葬に比べるとかなり安くなります。一日葬というのは、葬儀自体は1日だけで済むのですが、それだけでは意味がありません。葬儀の手配などで2日間施設を利用する場合もあります。この場合の費用は2日分となりますのでご注意ください。

3 直葬または火葬

直葬・火葬と呼ばれる葬儀について説明します。葬儀の直販は、費用対効果の高い方法の一つです。

直葬・火葬サービスとは?

直葬とは、通夜や告別式を行わず、火葬のみで行う葬儀のことです。そのため、火葬式とも呼ばれています。直葬も家族葬や一日葬と同様に、一般の方が参列することはほとんどなく、親族などの親族のみが招待されます。火葬のみの小さなお葬式なので、費用を大幅に抑えることができます。直葬はライフタイムドットコムの葬儀社の中で最もシンプルで経済的な選択肢ですが、火葬は白木の祭壇と祭壇がセットになっています。

直葬・火葬サービスの流れ。

直葬は火葬だけだからすぐにできると思っている人もいるかもしれませんが、火葬はすぐにはできません。日本の法律では、死亡後24時間以内に遺体を火葬することはできません。そのため、遺体は棺に入れられ、24時間後の後日に火葬されることになります。棺は遺体安置所や自宅で使用することができます。しかし、葬儀の時間が短すぎて、故人との最後の時間を過ごすことができないという声もあります。費用を抑えることはできますが、直葬にするかどうかを決める前にしっかりと話し合って、普通のお葬式にしておけばよかったと後から後悔しないようにすることが大切です。

直葬・火葬サービスの費用

通常、素直なお葬式は30万円前後の費用がかかります。それくらいの費用で葬儀を執り行うことができます。一般的な葬儀では、飲食などほとんど費用がかかりません。もちろん、直葬では神父さんに読経をしてもらうことはありませんので、支援金や戒名料もありません。