F 葬儀費用を抑えるための他の5つの方法

葬儀費用を抑える8つの方法とは?

葬儀費用を抑えるための他の5つの方法

葬儀費用を抑えるための他の5つの方法の写真

他にも葬儀の費用を抑える方法をご紹介します。

葬儀の種類を変えることで費用を抑える方法をご紹介しましたが、ここでは保険や給付金など、葬儀の種類を変えずに費用を抑える方法をご紹介します。資格を持っていれば多くの人が利用できるプログラムなので、資格を持っていれば誰でも利用することができます。

4.市民葬や地区葬を利用する

市民葬や地区葬は、指定された提携葬儀社が行い、その地区の自治体が葬儀料金を設定します。葬儀の性質は基本的には変わりませんが、相場よりも安い場合が多いです。しかし、市民葬や区民葬では、葬儀に必要な最低限の要件しか網羅していない場合が多いので、しっかりと調べて検討する必要があります。

5.葬祭補助制度や手当を利用する。

葬儀支援制度とは、経済的な理由で葬儀費用を支払うことができない遺族が利用できる給付金のことです。葬儀にかかる費用を賄うだけのお金がない場合は、一時金で最低限の葬儀ができるようになるというメリットがあります。この制度を利用したい場合は、葬儀が行われる前に地域の給付金窓口と呼ばれる場所で申請する必要があります。受け取ることができる金額には限度があり、地域によって異なりますが、15万円~25万円程度が目安となります。

6.死ぬ前に葬儀を予約する

事前に葬儀の予約をしておけば、葬儀をすることが決まった場合、実際にかかる費用を具体的に見積もってもらうことができます。このタイプの魅力の一つは、生前に一緒に葬儀プランを話し合うことで、故人が望んでいた葬儀を実現できることです。事前に故人と費用の打ち合わせをしたり、費用の準備をしたり、食事をキャンセルしたり、家族葬をしたりすることができます。

7.葬儀保険を利用する

葬儀保険は、少額短期保険とも呼ばれ、葬儀の際に給付金を受け取ることができる制度です。審査は簡単ですが、大抵の場合は通過できます。少額短期保険と呼ばれることもあり、契約期間は1年から2年程度と短くなっています。死亡時に降りてくる保険料は、1人あたり300万円以下です。月々の保険料が1,000円程度で済むのも、この保険のメリットです。60歳以上で生命保険に加入していない方には特におすすめのプランです。生命保険は高額なので、高齢で加入できない人も多いです。しかし、葬儀保険であれば、保険料が安く、短期間で加入することができます。

8 遺産からの支払い

葬儀の費用を安くする方法としては、故人の財産から支払うという方法があります。葬儀費用が安くなるわけではありませんが、遺産から葬儀費用を支払うことで、相続税の納税に役立ちます。そのため、結果的にお金が貯まることになります。